マルタでデルタコース 

英語が母国語でない方たちに英語を教えることが出来る資格

デルタは世界で1番知られ、最もポピュラーなTEFL/TESOLの資格です.経験ある英語教師がそのキャリアにおける学習経験を増やすのに、フレキシブルな方法があります.

コースにはモジュール1と2があります.コースの締めくくりに向けて、モジュール3ではさらに広げた内容が割り当てられるでしょう.モジュール3では先の2つのモジュールをまとめとして、通信教育も受講出来ます.

お申込書が届きましたら、まずはインタビューのご案内をします.私たちスタッフと顔合わせをして、また学校を見学して頂くのに良い機会となります.適した必要性に見合うコースを構成するのに私たちにも良い機会となります.あなたの能力をよりよく知るために、 事前にお願いする内容がございます.

コースは2つに区切られ、4週間と2週間の受講になります.4週間と2週間の間に課題が与えられ、行う必要があります.また受講者はこの合間に仕事に戻る事が出来ます.

デルタはとても役立つ国際認定規格です.



・英語教授法の基本概念や実践の知識や理解力を高めていきます.
・1教師としての信念や教え方を徹底して調べていきます.
・現在の教授職への新しい知識や理解に活用していけます.
・大人の学習者以外に教える状況での英語教授法の知識を増やしていきます.
・キャリアの幅を広げ、さらに高い役職にて活用できます.

デルタのコースに含まれるもの

こちらのコースには理論に特に重きを置いて、英語への理解を高めていきます. 効果的な教授法への原理まで掘り下げながら、大人の生徒さんに英語を教える実践的スキルを探っていきます.

概要

3つのモジュールが含まれています.

モジュール 1 言語への理解、英語教育の教授法と成り立ち
モジュール 2 実践練習
モジュール 3  オプション 1 幅を広げた実践練習とELT特化項目 
オプション 2 英語教授マネジメント

モジュール 1 筆記試験
筆記試験がセットされ、添削されます.

モジュール 2 演習
演習はケーススタディのひとつです.そのあとにアドバイスを受けることが出来ます.

モジュール 3 さらに広げた取り組み
コースの中では他の参加者と一緒に大体200時間を教授と教育実習に費やします. これらのレッスンは教師が目を行き届かせ、正しく評価していきます.加えて10時間の授業見学があります.少なくとも5つの課題が経験豊富な教師によって教授されます.

DELTAはどのように認められている?

英語教師を雇用している機関によって世界的に認められています.イングランド、ウェールズ、北アイルランドではNational frame workではレベル7で、ESOLを教授することが出来るディプロマとして認可されています. DELTAはMAプログラムに統合され、認められています.(詳細はケンブリッジESOLウェブサイトにて)ケンブリッジESOLは世界的にDELTAの資格を確かなものにするために国際的なELT機関に認められています.

受講必要条件

すでに経験のある英語教師が経験を増やし、さらなる責任能力を認知し、学ぶためのコースです.仕事で示されるだけでなく、携わる機会を多く持ち、能力を証明出来るものとなります.

参加者はネイティブまたは限りなくネイティブに近いレベルである必要があります.ライティングやスピーキングを含めて、このコースの内容を完璧なものにするために必須です.

理想的に参加者は以下のように

異なる場面やレベルでの教授経験の範囲が広い
5年以内に大人の生徒さんへの教授経験がフルタイムにて2年あること
教授資格 (Cambridge ESOL, CELTA, TESOL)
CEFレベルC1を含めていろいろなレベルで教授出来るライティングやスピーキングの
スキルがあること

すべての必要条件を満たされていない場合でも受け入れを検討することが出来ます.
学校の判断によります.